本文へスキップ

通関士の資格取得のための通信講座と資格情報

通関士資格

通関士講座

通関士 合格講座

通関士とは

国境を越えてモノのやりとりをするには、税関に申告して検査や審査を受けなければなりません。

通関士は申告・検査・関税納付・許可といった通関手続きを輸出入者に代わって行う、貿易のスペシャリストです。


■通関士資格のメリット

市場は拡大
貿易の拡大に伴い、通関業者及びその営業所数は増加し続けています。


幅広いニーズ
商社、メーカー、流通業など広い分野に通関士の活躍の場が広がっています。

貿易関連で唯一の国家資格
学歴や経験に関係なく受験可能で、 資格を身につければ就職・転職の際に大きな力となります。


■通関士の仕事内容

商品などの輸出入を行うには、税関の輸入許可または輸出許可がないと、貨物の国内への引取り、または外国への積出しはできない。
 
輸入については、外国貨物を保税地域に入れたあと、税関に対して輸入申告を行い、同時に関税や消費税などの納税申告も行い、検査を経て輸入許可を得る。
 
輸出についても、内国貨物をまず保税地域に入れ、税関に輸出申告を行う。そのあと検査等を経て輸出許可を得てはじめて、船舶や航空機に貨物を積み込み輸出することができる。
 
通関士は、これらの輸出入手続きに関する代行業務を行う。おもな業務として、通関書類(輸入[納税]申告書、輸出申告書)の審査後、通関書類に記名押印する業務を行う。この2つは通関士の独占業務であって、その他の者が代行することができない。
 
通関業者が通関業だけの専門業者であることはまれで、多くの場合、海貨業者、旅行代理店貨物部門、港湾業者、倉庫業者などが兼業するケースが多い。
 
大手商社、メーカーから中小の貿易商社まで、輸出入を業としている会社企業は、船積みに関する書類の作成、船舶の予約、貨物の搬入・搬出、船貨証券(B/L)の入手などを海貨業者に代理・代行させるのが通例である。このような場面で通関士が活躍する。
 
なお、航空貨物は「国際航空貨物取扱士」(国土交通大臣認定国家資格)を平成4年から実施。試験は「IATA-FIATAディプロマ」と呼ばれる(詳しくは「IATA-FIATAディプロマ」を参照)。




ユーキャンの通関士講座


普段の仕事が忙しいあなたでも、合間の時間を有効に使って、少しずつ着実に合格力を身につけられます。

受講生の8割以上が学習経験なし! 初心者にもやさしい効率的でわかりやすい教材です!

通関士講座の詳しい資料の請求は、こちらから